アイコス 互換品 FyHit

アイコス互換品FyHit CS Penについて

アイコス互換品のFyHit CS Pen(ファイヒットシーエスペン)はBAUWAY社で販売されているアイコスの互換品でCigGOという中国の電子タバコの通販サイトで販売されています。

 

この辺ちょっとわかりにくいですが、BAUWAY=CigGOみたいなものですね。ちなみにCigGO(シグゴー)は初めてのアイコス互換品Herbstick(ハーブスティック)を販売したことでも有名ですし、電子タバコも多く取り扱っています。

 

で、今回新しく販売されたのがFyHit CS Pen(ファイヒットシーエスペン)です。
ここからは読み仮名を無視して進んでいきますね(笑)

 

簡単に言えばHerbstickシリーズの最新版と思っていいでしょう。
ちなみに初代のHerbstick COSはアイコスの互換品として初めて登場し、発売開始後瞬く間に人気に火が付いて本家アイコスと同様、入手困難になるほどでした。

 

その後Herbstick CSとなり改良が加えられ今回のFyHit CS Penとなったわけです。
Herbstickの時はフィリップモリスの特許であるブレード加熱にひっかかったりして色々と問題になっていたみたいです。

 

ブレードの長さが長い短いみたいなところで争っていたみたいな・・・。
まあ詳しい特許の争いは専門家ではないのでわかりませんが、そんなHerbstickの後継機みたいな感じで伝わっていれば良しとします。

アイコス互換品FyHit CS Penの特徴とその他互換品との比較

それではそんなFyHit CS Penの特徴をアイコスやその他互換品と比較していきましょう。

 

アイコスのホルダータイプ(ペン型)の互換品

まず、FyHit CS Penはアイコスのホルダーのような細長いタイプの互換品です。アイコスのホルダーと比較すると一回り太く、長いですがバッテリー一体型の互換品と比較すれば持ち運びには便利なサイズと言えるでしょう。

 

ペン型の互換品の場合一度の充電で吸える本数が5本とか少ないタイプがほとんどですが、FyHit CS Penはバッテリー容量が2200mAhなので最大でも12本吸えるのが特徴です。ちなみにアイコスは一度の充電で約20本、バッテリー一体型の互換品は15本〜16本程度です。

 

サイズを考えれば立派だと思いますね。

 

Herbstick CSからの改良点

Herbstick CSからFyHit CS Penになっていくつかの機能が改良されています。

 

・加熱部分がセラミックになった
・電源オンや喫煙終了の時に振動する
・温度調節機能が3段階

 

主にこの3つです。
最近販売されているアイコスの互換品に搭載されている機能が追加された感じですね。
温度調節機能は今のところ互換品でもEFOSぐらいなのでメリットは大きいかもしれません。
特に3段階で本家アイコスでも重すぎる・軽すぎるといった不満を解消できるかもしれません。

 

チェーンスモークと喫煙回数

 

FyHit CS Penは6分の喫煙か、16回のパフで直前に本体が振動し自動で電源OFFになります。
また、チェーンスモーク(連続吸い)も可能です。
このあたりは本家アイコスよりも優れていますが、互換品ではよくある性能です。
ただレビューをみるとチェーンスモークした時の評判はあまり良くない印象です。

 

メンテナンスは必須

 

本家アイコスでもその他互換品でも、ブレードや針(FyHit CS Penの場合は太い針)タイプの製品はメンテナンスが必須で結構タバコの葉の黒いカスが残りやすくなっています。この点はEFOSのような3D加熱システムの互換品には劣りますが、味はブレードタイプのアイコスに近いと感じている人が多いようです。

 

>>アイコスとその他おすすめ互換品の性能を細かく比較してみた

FyHit CS Penの評判は?

まだ発売されて間もないですが、あのHerbstickの最新モデルということで結構口コミやレビューも数多く掲載されています。

 

良い評判の特徴としてはやはり味がアイコスに近いことだと思います。
FyHit CS Penで搭載されたセラミックチャンバーによってあの独特な臭い(機械臭)が軽減され、本家アイコスよりも美味しいという意見がありますね。また、Herbstick時代にあった加熱しすぎて熱くなりすぎるとった問題も改善されているようです。

 

アイコスにより近い味を楽しめる互換品を探している方にはいいかもしれません。

 

良くない口コミはやはりメンテナンスが必須で汚れやすかったり、スティックの葉が中に残ってしまう点と、初期不良や故障の報告が他の互換品と比較しても多い点ですね。ただ正規輸入代理店で購入すれば保証があるので申し出れば新品と交換してくれるようです。

 

なので楽天やAmazonでも正規の代理店から購入してくださいね。

 

関連ページ

アイコス互換品MOKOの特徴や口コミを他の互換品と比較
アイコスの互換品でMOKOという商品があります。そんなMOKOの特徴をアイコスやその他のアイコス互換品と比較してみました。口コミでの評判も紹介しているので購入前の参考にしてくださいね。
アイコス互換品Geemoの特徴や口コミを他の互換品と比較
アイコスの互換品Geemoについての特徴や他のアイコス互換品との違い、Geemoに限っては何種類が互換品があるのでその辺りの違いについて調べてみました。口コミでは割と評判良いですが現在のところAmazonでしか買えないんですね。