アイコス 互換品

アイコス互換品アイスモーク(iSMOKE)とは?

またしても新たなアイコス互換品が販売されましたね。
その名も「アイスモーク(iSMOKE)」です。

 

 

この記事では新発売されたアイコス互換品「アイスモーク(iSMOKE)」の特徴や純正アイコス、その他のアイコス互換品との違いについて紹介しているので購入前の参考にしてくださいね。

 

では、まずアイスモーク(iSMOKE)の特徴から紹介していきましょう。

 

アイスモーク(iSMOKE)性能

価格 8424円
サイズ 94×23×18mm
重さ 約30g
タイプ ホルダータイプのアイコス互換品
吸引可能本数 最大13本の連続吸引が可能
1本あたりの喫煙可能回数 180秒
保証期間 メーカー保証1ヶ月、別途1年保証(2500円)
加熱システム 棒状加熱システム
余熱時間 約10秒
バッテリー容量 650mAh

 

iSMOKEの販売店は?

iSMOKEはコンビニなどの市販店舗では購入できない通販限定品となります。
Amazonや楽天市場といった通販サイトか、公式通販サイトで購入可能です。
※1年間の保証期間で申し込めるのは公式通販サイトのみとなります。

 

 

個人再生費用 住宅ローン条項

アイスモーク(iSMOKE)と純正アイコス、その他互換品の比較

では、アイスモーク(iSMOKE)の性能や特徴を純正アイコスやその他互換品と比較していきましょう。

価格

まず価格ですが、純正アイコスよりも安いのは当然として、他のアイコス互換品と比較すると価格は高めです。その分保証期間が長かったりすればまだいいのですが、メーカー保証はたったの1ヶ月・・・。1年間に延長する場合は追加で2500円必要になるのでそうなると新型アイコスとほぼ変わりません(笑)

 

正直価格からは購入する要素はあまりないように思えますが、楽天やAmazonで販売されていることを考えるとそのうちもっと安くなる可能性もあるかもしれません。

 

サイズ

アイスモーク(iSMOKE)のサイズは純正アイコスのホルダーとほぼ同じです。(太さは若干太い)
個人的にはアイコス互換品はバッテリー一体型タイプのほうが性能がいいと思っていますが、サイズ感や持ち運びが簡単かどうか?で考えるとこのサイズは持ち運びには便利な大きさと言えるでしょう。重さも30gと軽く、さすがに純正アイコスのホルダーよりは10gほど重いですがその他の互換品と比較すると軽いと言えます。

 

吸引可能本数

フル充電をした場合に吸引可能なヒートスティックの本数は13本です。
この吸引可能本数はバッテリー容量が影響してきます。
純正アイコスなら約20本、イーフォスなら16本、アイバディなら15本なので一度の充電で吸える本数は少なめです。
個人的にはアイスモーク(iSMOKE)の650mAhのバッテリー容量でそんなに吸えるのか?と疑問に感じますが、その疑問は次の項目で解決できます。

 

1本の吸引可能時間(パフ回数)

これって結構重要だと思うんですよね。
1本のヒートスティックを何回吸えるか?何分吸えるか?といった部分ですね。

 

純正アイコスは14回もしくは約6分、人気の互換品であるイーフォスは20回もしくは5分50秒、アイバディは15回もしくは5分20秒なのですが、アイスモーク(iSMOKE)は3分となっています。これ、公式販売サイトとか見ても載ってないんですよね。

 

まあ連続吸いができるのでいいのかもしれませんが、せめてもうちょっと1本を楽しみたいですよね。
つまり、1本あたりの吸引時間が短いのでその分フル充電時の喫煙可能本数がバッテリー容量の割には多いわけです。

 

保証期間

保証期間に関しては純正アイコスの6ヶ月に匹敵するアイコス互換品はありませんが、大体3ヶ月の商品が多いです。そんな中アイスモーク(iSMOKE)はメーカー保証が1ヶ月・・・さすがに短すぎるかなと思います。
2500円払えば1年間保証になって保証内容は不具合が起きた場合に新品との交換になります。
正直1年保証で11000円ぐらいでアイスモーク(iSMOKE)を購入するなら6ヶ月保証で修理・交換無料の新型アイコス買うよ!と思うのは自分だけでしょうか?

 

加熱システム

アイスモーク(iSMOKE)の加熱システムは棒状加熱システムです。
アイコスの味が好きな方は互換品でもブレード加熱に近いこういった棒状加熱システムのほうが好きな方が多いですよね。
自分はイーフォスのような360度加熱システムのほうが良いと思いますが。

 

 

アイスモーク(iSMOKE)のレビューをしようと思ったけど・・・

さて、性能や純正アイコス、その他のアイコス互換品との違いがわかったところで実際に購入してレビュー・・・と思ったのですが、一通り性能や違いを調べたところでアイスモーク(iSMOKE)を購入する意味を見失ってしまいました(笑)

 

しかもAmazonのレビューをみたらすぐに壊れたという口コミもあったのでムダ金になりそうな気配がプンプンします。
頭を振り絞ってアイスモーク(iSMOKE)を購入する理由を考えましたが・・・・

 

思いつきません!!(笑)

 

ホルダータイプで持ち運びが簡単なアイコス互換品なら「FyHit CS Pen」のほうが価格が全然安いし、1本を満足行くまで吸えて味の変化を楽しむなら「イーフォスorアイバディ」を買うし、1年保証付けるなら新型アイコス買うし・・・。

 

う〜ん、新しい物好きな方にはいいかもしれません!!(笑)
もしアイスモーク(iSMOKE)の価格が3000円になるとか、最初から保証期間が1年付いてくるとかなら検討してもいいと思います。

 

関連ページ

アイコス互換品MOKOの特徴や口コミを他の互換品と比較
アイコスの互換品でMOKOという商品があります。そんなMOKOの特徴をアイコスやその他のアイコス互換品と比較してみました。口コミでの評判も紹介しているので購入前の参考にしてくださいね。
アイコス互換品Geemoの特徴や口コミを他の互換品と比較
アイコスの互換品Geemoについての特徴や他のアイコス互換品との違い、Geemoに限っては何種類が互換品があるのでその辺りの違いについて調べてみました。口コミでは割と評判良いですが現在のところAmazonでしか買えないんですね。
アイコス互換品FyHitの特徴をアイコスやその他互換品と比較してみた
BAUWAY/CigGOから販売されているアイコスの互換品Fyhit CS Penの特徴やアイコス、その他互換品との性能の比較をしてみたので購入前の参考にどうぞ!